今日のウオズミ

適応障害で休職した20代男が仕事のこと以外について考えるブログ

一部上場の大企業2年目の年収は453万円。年収1000万までは?

f:id:uozumitoday:20170419105128j:plain

どうも、ウオズミです。

現在休職中なので忘れがちですが、僕はだいぶでかい会社に勤めてます。

 

最近偉そうに「大企業行きたかったらこうしろ!」みたいに就活のことについて書いてますが、なぜそんなに大企業を勧めるのかというと、なんやかんやいっぱいお金をもらえるからです。

 

書く理由

なぜこんな記事を書くかですが、いろんな企業の年収まとめてるサイトでも20歳代の情報が少ないなと思ったからです。

世の中の平均年収とかまとめたサイトって、全体の平均とか30歳の平均とか35歳の平均とかばっかりで、あんまり25,6歳の年収には触れてないんですよね。

入社2~3年程度じゃ大して差がないから書いてないかもしれないのですが、やっぱり気になるじゃないですか?

 

特に就活生にとっては、何十年先の50歳での年収より20代半ばの年収も気になるところだと思います。

僕自身そうでした。

だからリアルな数字を知ってもらえたらなと。

 

もう1つの理由としては自慢ですね。

こんなにもらってるんやで!

とドヤ顔したいからです。むしろこっちが本音まである。

 

一部上場企業、大卒2年目の年収は、453万円

f:id:uozumitoday:20170311164215j:plain

大卒(学部卒)2年目での僕の給料(年末調整後)は約453万円でした。

手取りにすると約300万円です。

どうですか?

 

一部上場で業界大手とはいっても、まだ3年目に入ったばかり。

そんな1000万円とかはもらえないですよ(もらってる奴も世の中にはいるけど)

しかし、中小企業や業界中堅の企業に比べたらすでに年間100万円ほど多くもらっていることもまた事実。

 

ちなみに25歳男性の平均年収は290万円~350万円らしいです。

こういうデータのソースっていまいち不明だけど。

 

内訳

453万円の内訳ですが、別にべらぼうに基本給が高いわけではありません。

基本給は大卒初任給に毛が生えた程度です。20万円とちょっとくらいって感じ。

差が出るのは主にボーナス残業代ですね。

 

僕は昨年度、夏冬と年に2回、合わせて100万円ほどボーナスを頂きました。

なかなかやね。どや。

 

また、それを差し引いて月々の額を求めると

(4,530,000-1,000,000)/12=294,000

平均29万4千円という計算になります。

 

あれ、さっき基本給はほぼほぼ大卒初任給と変わらないって言ってなかった?

だいぶ多くない?

と賢い方はお気づきでしょう。

それが残業代だ。

 

とりあえず基本給を21万円としましょうか。

294,000-210,000=84,000

月平均8万4千円残業代が出ているんだな。

 

ちなみに、給与明細によると僕の残業代は時給2000円弱となっています。

84,000/2,000=42

残業を42時間/月していたことが求められました。

いわゆる36協定により、1ヶ月の残業時間は45時間以内とされています。

僕の平均残業時間は42時間/月なので、きちんと範囲内に収まっていますね。

ぱちぱち。

 

ここでもう一度整理してみましょう。

(基本給210,000+残業代84,000)×12ヶ月=3,528,000

これに加えてボーナスがおよそ100万円。

合わせて約453万円が僕の2年目のお給料でした。

 

仕事は確かに大変だけど、お金いっぱいもらえて嬉しいな!

 

 

と、ここまではきれいなお話。

 

ここからちょっと黒い話

f:id:uozumitoday:20170419132832j:plain

別に弊社をブラック企業とまではいいませんが、やはりいろいろと残念な部分もあります。

それが労働時間。

 

上の方で、残業は月平均42時間、残業の時給は約2000円、42×2000で月の残業代は8万4千円だよ!

という話をしたな?

 

あれは嘘だ。

 

毎月毎月そんなちょうどよく42時間で残業を切り上げられるかってそんなわけはない。

 

残業時間42時間/月というのはあくまで会社に申請した時間であって、実際はもっと働いてます。

どのくらいかというと60~100時間/月くらい。

 

残業時間が45時間/月を超えるといろんなところから怒られるので、みんな少なく申請しているのです。

 

ほんとに働いた時間だけ残業代がもらえるなら、僕は50万円以上多く稼いでいるはずです。

やってらんねえなもう。

別に生活費稼ぐためにだらだら残ってるんじゃないよ?

激務過ぎて仕事終わんないからみんな不夜城となって働いているんだよ?

その分の対価はちゃんともらいたいなあ。

 

 

それでも毎月40数時間分の残業代はきちんと出るから大手企業さまさまってところもあるけどね。

 

まあそんな感じ。

これが一部上場企業勤めの大卒2年目のお給料453万円の内訳でした。

 

どや?

高給取りでうらやましいと思いましたか?

それとも奴隷乙と思いましたか?

 

個人的には、自分は恵まれた奴隷だと思います。

なんか自慢なのか自虐なのか分かんねえな、この記事。

 

年収1000万円までの道

僕はまだペーペーなので、はっきりと社内事情を知っているわけではありません。

が、社内の噂や酔っ払って口をすべらせた上司からの情報をまとめると、僕が勤める会社では概ね50歳前後で年収1000万円に手が届くみたいです。

 

 ○菱商事やキーエ○スといった高給激務で有名な企業なら40歳前には軽く1000万円に到達するらしい。うらやましい。

けどぶっちゃけ上場企業の年収ランキングってイコール激務ランキングみたいなところあるからね。

30代で家が建って40代で墓が立つんでしたっけ?

無理無理。死んじゃう。

あ、死ぬのか。

 

だったら僕は今の会社がいい。

 

日本にホワイト企業ってあるの?

なんか暗い話題になってきましたね。

ホワイト企業、あるんでしょうけど、なかなか見つかんないよね。

 

だから僕は改めて主張したい。

大手企業は濃いめのグレーだけど少なくとも金は稼げるぞ。と。

とりあえず大手狙っとけ。と。

 

業界も会社名も明かしていない匿名ブロガーの戯言ではありますが、嘘は書いてません。

就活の1つの軸として「お金」を据えるのは決して悪いことではないので(面接官には言えないけど)、参考になれば嬉しいです。

 

以上、ウオズミでした。