読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のウオズミ

適応障害で休職した20代男が仕事のこと以外について考えるブログ

【巣鴨】初めてガールズバー行ったら弟の知り合いが店員でクソ楽しかった体験談

f:id:uozumitoday:20170423152124j:plain

どうも、ウオズミです。

 

この前ね、ブロガー何人かとお会いしたんですよ。

まあ渋谷で飲んだんですけどね、ぶっちゃけ緊張して飲みすぎた。

記憶があいまい。

まあその辺は割愛。

 

で、その日は巣鴨に泊まってたんでタクシーで巣鴨まで戻り、何を思ったか今まで一度も行ったことのないガールズバーというところに入ってしまいました。

 

ガールズバーって知ってます?

バーテンダーが女の子で、お話しながら飲めるってだけの店です基本。

キャバクラとも違って、隣に座ってくれるわけでもない。

ましておさわりなんてありえない

あくまでもカウンター越しのやりとり。

 

 

それってめっちゃつまんなくねえか!?

 

ってずっと思ってました。

 

だって知らない女に金払って喋ってもらうとか何よ?

男としてどうなん?

しかもタッチなし。

いやタッチありでもやだけど。

これまで17人の女性と夜のジグソーパズルを完成させてきた僕にとっては、

「そこまでして女と話したいとかどんだけモテないボーイだよ」

と内心クソ見下してました。

 

しかし、前述の通りその日は気づいたら宿の近くのガールズバーに入ってカルピスを飲んでいました。

どういう経緯かまったく覚えてないですが、店に入れてもらえたってことはそこまで見苦しい酔い方はしてなかったのでしょう、多分。

それか酔っ払ってていいカモだと思われたか。

後者かな。

 

で、気づいたら出身地の話に。

僕と話してくれてた子は秋田県出身のようです。

 

私秋田出身なんだー!

 

ちなみに僕の出身も秋田。

 

 

えーまじ!? めっちゃ肌白いもんねー!!

 

 

 

※僕は引きこもり体質だからだいぶ色白です。

このやり取りリアルに人生で100回以上繰り返してきたよ。

 

 

まあ出身県がかぶるくらいならそれなりにあるかもしれない。

だってここは日本中から人が集まる東京だもの。

 

でもここで

「高校は?」

とか聞いたら

「あ、けっこう遠いね……じゃあ○○とか知らないよね、そっかぁ……」

ってなるのがほとんどだと思います。

 

 

しかしこの日は違った。

 

えー高校どこなの? 私○○高校で中学は□□!

 

 
 

まじで?

俺△△高校!

めっちゃ近所じゃん!

年いくつなんだっけ?

 

92年生まれだよー!

 

 

 

 

まじか。

俺91年だから絶対知り合いいるやつやこれ!

□□中ってことはA男(高校時代の卓球部の後輩)とか知ってる?(完全地元トーク)

 

やば! ちょー知ってる! てか私も中学まで卓球部だったし!!

 

 

 

まーじか。

じゃああれだな。

Kって奴(僕の)も知ってるよね?

(僕の弟も1コ下で卓球部だった)

 

 

わかるー! ポッターでしょ?ポッター!wwww

 

 

やっぱ知ってたか~。

あれ俺の弟なんだよね。

 

 

たしかに似てるwwww

 

 

 

 

ポッターとは僕の弟のあだ名です。

ハリーポッターみたいなメガネをかけていたので女子からポッターと呼ばれてたんです。

(ごめん弟)

 

 

まあそんな感じでカルピス飲みながら2時間くらいトークに花を咲かせました。

正直クソ楽しかった。

地元トーク補正があったことは否定できないけど、それ抜きにしてもよかったです。

 

なんか、いい意味で女の子が素人っぽいんですよね。

めっちゃヨイショしてくるわけでもなく、自然体。

それでキャバクラよりは安かった。

顔はみんなかわいいし。

結局5000円強?くらいしかかかってない。たぶんね。

金があんまない大学生若手社会人なんかにはぴったりな所です。

 

 

あんなのモテねえ奴がいくとこだって思ってたけど、これはこれで悪くなかったです。

逆に「金払ってんだから話盛り上げて俺を楽しませろや!」

みたいに思う人はガールズバー向いてないかも。

 

そういう人はキャバクラですかね。

まあ店によるけど。

 

「ちょっとかわいい女の子と話したいけど誰も捕まらない……」

ってときはこれからもガールズバー駆使していきたいと思った夜でした。