今日のウオズミ

サラリーマンの雑記。かっこいいサラリーマンを目指すのだ

人の脇汗を笑うな

          f:id:uozumitoday:20170522192217p:plain

どうも、ウオズミです。

最近暑いですよね。

僕は人よりもだいぶ汗かきなんで、ちょっと肉体労働するとすぐ上半身びしょびしょです。

もう、

「え? 雨降った?」

ってくらいびしょびしょ。

脇にシューってやる制汗剤程度じゃどうしようもない。

 

 

なんの話かっていうと誰もがコンプレックスを抱えて生きてると思うんですけど、

僕にとってこの汗かき体質がそれにあたります。

 

いつごろだったかな。

多分大学入って間もないくらいですかね。

自分が汗めっちゃかくことはもうとっくに自覚してて、

白とか黒とかなるべく脇汗が目立たない色の服を多めに着てました。

ただそれでも大学生になって色気づいてきてたんで、

たまには赤いTシャツとか着てーなって思って。

そしたらたまたまそれ着た日がめっちゃ暑かった。

 

もう通学時点で汗ヤバい。

ヤバいと思うと気になってよけいに汗が出る悪循環。

気のせいかもしんないけど周りの人は暑い中でも一切汗かいてないように見えんのよ。

それなのに僕だけ脇に汗ジミ作ってひいひい歩いてる。

 

まあでも帰るわけにもいかないし大学まで行って授業受けました。

そしたらいるじゃん、イジリと悪口の区別がつかないようなウザい奴。

そいつにたまたま会いました。

で、僕に向かって

「うわ、お前汗かきすぎじゃね。キモ!」

 

講堂に響くそいつの声。

クスクス笑っている(ように感じる)女の子の視線。

 

僕はそれ以来人の目が気になって、

「比較的多い」程度だった白か黒の服を着る率がほぼ100%にまでなりました。

正直ネイビーもけっこう勇気いる。

グレーとかもってのほか。

スーツのときも1年じゅう白シャツです。

上にパーカーなりカーディガンなり羽織れる時期でも、なんとなく不安だから基本的に汗が目立ちそうな色は選びません。(まあ上着に関しては自由に色選んでるからいいけど)

そんなことがあって上着を着ない夏のファッションは少しだけ憂鬱なのです。

 

脇に塗っとけば汗ジミができない系の商品もあるのは知ってるんだけど、

それが実際に効果あるかって使わないとわかんないじゃん?

1回試してみてもし「これ効かねえ!」

ってなったらと思うと怖くて無理。

仮に家の中で試してみて効果あっても外で効果が持続するかわかんないし、

もし外でも効果あったとしても体が慣れて脇汗でるようになるかもしんないとかまで思っちゃう。

いやフツーに試せよって思うかもですが、こればっかりは無理。

トラウマってやつです。

 

最近はちょっとだけ開き直れてきて汗かくのが当たり前のシチュエーション(ランニングとか炎天下のゴルフとか)のときは

「汗かいてんの俺だけじゃねーしええやろ」

つって色つきのウェア着れるようになったけど、ほんと最近のこと。

この時期は白か黒のTシャツしか着ないってのは未だに変わってないし。

 

まさか言った本人も何気ない言葉で僕がここまで苦しむとは思ってなかったでしょう。でも絶対に許さねえ……

 

 

 

まあ何が言いたいかっていうと汗に限らずハゲとか天パとかそういう自分の努力じゃどうにもならないところを軽々しくからかうのはやめろよってはなし。

誰だって気にしてることあるだろ?

でけえ声で「包○野郎」とか呼ばれたらいやでしょ??

僕にとっては包○(仮性だけどね)呼ばわりより脇汗について言われるのがつらいんや!

わかった??

 

 

ただし怠惰からくるデブは別。やせろ。

 

以上。