今日のウオズミ

サラリーマンの雑記。かっこいいサラリーマンを目指すのだ

【感想】OYSTER『新婚のいろはさん』1巻。結婚してええええ【ネタバレ注意】

f:id:uozumitoday:20171025021120j:plain

amazon

 

待ちに待ったOYSTER先生の最新作『新婚のいろはさん』!

最高かよ。

 

なんでもない毎日が、とても幸せ…。鬼才が送る、新婚夫婦の日常4コマ。
新居に引っ越してきた、いろはさんとハジメくん夫婦。ゼロから、少しずつ自分たちの生活を作っていきます。家電を買いに出かけたり、深夜にコンビニへ行ったり、そんななんでもない日常が、二人にはかけがえのない幸福なのです。読むものをたまらなくあたたかい気持ちにさせる(ギャグの冴えもそのままの)一冊です。

amazonより

 

OYSTERといえば高レベルにシュール、とがっててアナーキー、誰とも似ていないマンガ家なのですが、それはそうと描く女の子がかわいすぎるという一面も持っていました。

しかし基本は「ギャグがメイン」という感じであった。(ど先端ナースあたり若干女このメイン感あるけれども)

それが!今作ではなんと新婚ほやほやの新妻を描くというではないですか!

これは完全に可愛さの比率上げてきやがったなと。最高だなと。しかも得意のシュールさはそのままというからたまらん。そんな1冊です。

 

というわけでOYSTER愛があふれ出てしまいましたが、感想の方語っていきたいと思います。ネタバレ注意です。

 

1話から結婚

いいですね。単刀直入。

主人公の新妻始と、その妻いろはさんが新生活を始めるシーンからです。たまらん。

年上×黒髪ロング×ややツリ目。たまらん。

そしてお隣の早倉哲子さんも登場。この子もかわいい。

ソクラテスとかけてるんですかね。ソクラテス一切このマンガに関係ないけど。まあ若干ひねた子なんでそういうことかな。

 

あとしばらくしたらラーメン屋『あざなわ』の女店主さんも出てきますね。こちらもまたかわいい。

 

いろはさんかわいい

相変わらずのキレキレシュールギャグは健在です。いろはさん抜きでギャグパートだけでも十分一つの作品として成立しているでしょう。

しかし!

このマンガのタイトルは『新婚のいろはさん』!

新婚のいろはさんを楽しめと作者が仰っております。

 

まずさっきも書いたけど幼馴染の年上の黒髪ロングでスレンダーで美人ででもお茶目ないろはさんやばい。

作者の性癖かこれは。主人公の始くんは作者自身なのかこれは。

もうかわいすぎて発狂。

俺ガイルのいろはすもかわいいけどこっちのいろはさんもかわいい。僕は死んだ。

可愛い女の子はこんなにもいるのにどうして僕の前にはいないん?

ちくしょう。

 f:id:uozumitoday:20171025020427j:plain

新婚のいろはさん 1巻

 はい、天使。

マンガ家である始くんが、1本連載終わっちゃって落ち込んでいるところを元気づけようとするところです。

いやこれあざとい!作者の性癖が見え隠れしとる!

あああああいろはさんかわいい!

だめでしょ黒髪ロングに白いワンピース着せちゃ!国によっては規制の対象になっちゃうよこれ!!

 

おっと取り乱しました。こんな天使と結婚できたら他にもう何もいりませんね。

これ以上いろはさんのかわいさを堪能したい方は買ってください。

 

 

1巻では2人のなれ初めとか結婚までの詳しい経緯は語られませんでした。

どうやらいろはさんが急に押しかけてきて結婚に至ったということがぼんやり明かされている程度。これはおいおい描いてくれるでしょう。

どうやらいろはさんの方から結婚を言い出したようですが、絶対その辺のやりとりニヤニヤしちゃう。はよ見せろ。

これは連載でも追っかけてますが、今のところそういうエピソードは出てないので、楽しみです。

月刊誌だから単行本出るの遅いのがつらいところですが、、、

まあ1巻を繰り返し読みつつ過去作品も読みつつ気長に待ちましょう。

 

以上