今日のウオズミ

サラリーマンの雑記。かっこいいサラリーマンを目指すのだ

愛はここにあった。じゃがいも専門店のカレー「じゃがいも家族」

f:id:uozumitoday:20170323213401j:plain

どうも、ウオズミです。

家族って、いいよね……

 

そんな気持ちになったら、ここ。

「じゃがいも家族」

 https://tabelog.com/fukushima/A0704/A070401/7001180/

 

ちょっと珍しい、じゃがいも専門店

おしゃれな入り口。

それでいて木のぬくもりも感じます。

f:id:uozumitoday:20170323213854j:plain

 

じゃがいも家族は、別にカレー屋というわけではありません。

ベーコンポテト、ポテトトースト、ボルシチ(?)など、名前の通りじゃがいもを使った料理を専門とするお店なのです。

なんとその数約40種類。

 

メニューを開くと、じゃがいも料理がズラッと並びます。

店内写真及びメニューの写真は撮り忘れていますが、店内は落ち着いていながらもめっちゃおしゃれです。

渋みのある木に囲まれ、まさに家族!という雰囲気。

 

家族連れが多く、地元に愛されているんだなーというのを感じます。

 

僕の目当てはカレー

どれもおいしいけど、カレーがめっちゃうまいらしい。

そう聞いたら頼まずにはいられません。

 

他のメニューも魅力的ですが、初志貫徹でカレーを注文。

 

 

サービス(?)の野菜スティックをかじりつつ、しばし待つ。

器もなんだかおしゃれで、下北沢の隠れ家カフェに来ているような錯覚さえ覚えます。

f:id:uozumitoday:20170323214408j:plain

 

フッ、シティーボーイ……

とか思っていると、ついに来ました。

 

 

ポテトカレー

具は少なく、ひき肉と、真ん中にあるデカいのはマッシュポテトです。さすがじゃがいも専門店。

f:id:uozumitoday:20170323214750j:plain

 

 

めちゃくちゃ辛い!

いうてこんな家族向けの店だし、優しいお味でしょ……

 

 

 

かっら!!!

 

 

 

 

はい、これめちゃくちゃ辛いことで有名なカレーのようです。

おいしいということしか聞いてなかったため、完全に油断してました。

 

思いっきりむせまくる僕。

駆けつける店員。

周りの家族連れの心配そうな目。

こいつ平日の昼間からなにしてんだという目……。

 

 

最後のは僕の被害妄想だと信じたい。

 

 

水を大量に飲み、一息ついたところで再チャレンジ。

 

やっぱ辛い!

 

 

……だけど、うまい!!!

 

やっぱり評判になるカレーは違います。

ただ辛いだけじゃない、深い味わいがありました。

これはうまいです。

 

辛さとうまさのルーに、辛さを和らげるマッシュポテトがよく合います。

 

このコンビネーション……

父の厳しさ、母の優しさをカレー皿の上に表現した一品に違いありません。

 

 

気づいたら家族を想う涙がお皿にポトリ……

ヘヘッ、なんだか今日のカレー、しょっぱいや。

 

じゃがいも家族は、僕の家族にもなってくれるでしょう……

 

 

あと、いわき駅のすぐそばに「ポテトハウスじゃがいも」という姉妹店もあるみたいです。夜のみの営業ですが、そっちでもカレー食べられるようなので、今度はそっちも行きたいと思います。

 

以上、ウオズミでした。