今日のウオズミ

サラリーマンの雑記。かっこいいサラリーマンを目指すのだ

【感想】筒井大志『ぼくたちは勉強ができない』1巻。これは今後に期待大だぞ!【レビュー】

f:id:uozumitoday:20170612191147j:plain

ぼくたちは勉強ができない

 

今一番アツいラブコメかもしれない。

『ニセコイ』のスピンオフ『マジカルパティシエ小咲ちゃん!!』の作者・筒井大志先生による学園ラブコメ『ぼくたちは勉強ができない』1巻。

 

なんか紙の本が売り切れまくってて電子書籍しかないとかいう噂も聞いたぞ!

ほんとか?

近所のTSUTAYAには平積みされてたけど田舎だからかな??

まあいいや。遅ればせながら無事ゲットできました。

 

第1話からジャンプで読んでたけど、やっぱりいい!!

こういう「少年誌にひとつはあるラブコメ」のレベルが高いと毎週の生活にハリがでますね。

 

あらすじ

大学推薦を狙う、高校3年生の唯我成幸(ゆいがなりゆき)はなぜか天才美少女の文乃(ふみの)と理珠(りず)の教育係を任される。完全無欠に見えた二人だが実は意外な悩みを抱えていて……!?

凡人ながら努力によって秀才と呼べるだけの成績を維持している主人公・成幸。

実家が貧乏な彼はこの学園独自のシステム「特別VIP推薦」を狙い日々努力しています。

特別VIP推薦とは↓

f:id:uozumitoday:20170612192030j:plain

うーんご都合主義ィ。一ノ瀬学園ってのはエスカレーター式に大学まであるんか?それとも他大学にいっても学費全部免除してくれるんか?というのがちょっと謎。

 

で、日々頑張っている成幸はこの特別VIP推薦に晴れて合格となります。

ただし、それには1つ条件が……

 

 

何かというと、

f:id:uozumitoday:20170612192504j:plain

f:id:uozumitoday:20170612192529j:plain

 

f:id:uozumitoday:20170612192549j:plain

学園きっての天才美少女2人の志望校合格のための「教育係」を務めるというもの。

 

いや楽勝やん?

と思うのもつかの間、

理系の天才・理珠は文系が、

文系の天才・文乃は理系がてんでダメ。

 

なのに彼女らは得意科目と真逆の分野に進学したいっていうもんだからさあ大変。

凡人・成幸は彼女らの教育係を無事に勤めあげ、特別VIP推薦を手にすることができるのか!?

 

(中略)

 

そんでなんやかんやあり、

この2人、第1話で無事主人公に陥落。

f:id:uozumitoday:20170612193539j:plain

f:id:uozumitoday:20170612193558j:plain

 

 

 

はい、王道ーーーー!!!

清々しいまでの王道ラブコメの導入だよ!!

これでいいんだ!

ジャンプは奇を衒わずにこういうのを連載して少年たちをワクワクさせてくれればいいんだ!!

これは今後に期待が持てますなあ!

頼むから前作のスピンオフ元のようにはなるなよ……

 

今のところはちゃんと勉強に絡めたストーリーでラブコメしてるんで、

そこの軸もブレずに続けていって欲しいなと思います。

 

第3のヒロイン武元うるかたそ~

このままダブルヒロインとキャッキャウフフしながらラブをコメしていくのかと思いきやそこはジャンプ。

ガンガン新ヒロインを投入してきます。

それが第4話から登場のこの子。

f:id:uozumitoday:20170612194212j:plain

文系しかできない、

理系しかできない、

ときたら次は体育系しかできない子じゃん??

 

と、3人目のヒロイン爆誕。

僕はこの子が圧倒的に一番好きです。

ただね…

 

圧倒的負けヒロイン感

というのもうるかたそ、成幸とは同じ中学校。

そして、

f:id:uozumitoday:20170612194544j:plain

f:id:uozumitoday:20170612194600j:plain

すでに陥落済み

もうちょろインもちょろイン。

 

いや絶対いい子なんだけどね、めっちゃかわいいんだけどね、

  • 登場が遅い
  • 主人公とは以前からの知り合い
  • 既に主人公に恋心を抱いている

……負けヒロインの要素しかねえ。

だがそれがいい。

昔からそういう子のこと好きになっちゃう。

 

 

今後どのようにラブが展開していくかは分かりませんが、

うるかに関しては最終回近くで成幸に告白からの玉砕して、

最初に出てきたヒロインズに笑顔で

「あーすっきりした!2人も頑張りなよ!」

みたいなこと言って、

あとで人気のないとこで号泣するところまでは既にうっすら見える。

 

切ねえー。そうなったら僕がもらってあげる。もう決めてる。

 

好感が持てる主人公

あとこの作品の主人公・成幸はいい奴ですね。今のとこ。

ちゃんと人間らしいというか。

さっきのうるかの話引きずっちゃうけど、こいつなら告白されても

「え、なんだって?」

とかならないでしっかりと真摯に返事してくれるはず。

というかそうしてくれ。

もう難聴主人公は流行んねーぞ。頼むぞ。

 

やっぱ主人公の男がやな奴だと

「なんでこんな奴がモテんねん」

って感情が邪魔して楽しめないっすからね。

特にこういう作品は。

 

このままいい主人公であってくれ。

 

タイトルについて

これはまあ余談なんですけど、

タイトルは明らかに山田詠美の名作『ぼくは勉強ができない』をもじってますね。

ぼくは確かに成績が悪いよ。でも、勉強よりも素敵で大切なことがいっぱいあると思うんだ――。17歳の時田秀美くんは、サッカー好きの高校生。勉強はできないが、女性にはよくもてる。ショット・バーで働く年上の桃子さんと熱愛中だ。母親と祖父は秀美に理解があるけれど、学校はどこか居心地が悪い。この窮屈さはいったい何なんだ! 凛々しくてクールな秀美くんが時には悩みつつ活躍する高校生小説。

一応、主人公が高校生で母子家庭ってところは共通してるけど他になんかオマージュしてる部分あるかな?

いかんせんこれ読んだの高校生の頃とかだから全然覚えてねえ。

もしかしたらこれ読んどくと、分かる人には分かる「ニヤリ」としたくなるオマージュが見つかるかもしれません。ないかもしんないけど。

とりあえずそういうの抜きにしてももっかい読む価値があると思うんでさっきポチっときました。

高校生くらいの若い人にこそおすすめ。

 

とにかく今後に期待大&おすすめ!!

最後めちゃくちゃ話がそれたけど、これは期待できる!

I'sやいちご100%を超えるレジェンドに育って欲しい!

そんな願いで毎週楽しみにしてます。

 

おすすめだよ!